Novel Characters

Rocco

ロコは(ローアー)テラケッシュのエボ川のほとりにある村に、人間の母と一緒に住んでいる。ロコは、この村で唯一、翼を持っている。彼は、ライオンやチータ、ウィルドビーストたちを見下ろしながらエンドレス・プレインの上を飛ぶことが大好き。(アッパー)テラケッシュの断崖に住むユーボジェルたちは白い翼を持つが、ロコの翼は青く、夜には発光する。

Basalt

バサルトはユーボジェル(ユーボジェルは「古代の鳥」の意味)。(アッパー)テラケッシュの断崖の上にあるクラカトアンのコロニーに住んでいる。ユーボジェルは高度な社会性をもち、女王蜂のように女性のアーチ・ユーボジェルに支配されている。アーチ・ユーボジェルは、ユーボジェルをトランス状態にする白い粉状のロイヤル・ダストを出す。ユーボジェルは、コロニーを離れると重病になってしまう。大きな犠牲をはらい、バサルトは友人たちを引き連れて、バッドランズへの危険な旅に向かう。

Vesta

ベスタ(ユーボジェル)は空中剣術、アキバジュのマスター。彼女はナチュラリストで、小さな手帳にスケッチするのを好む。クラカトアンでは本の類を個人的に所有することは禁じられている。捕らえられれば虚栄の罪に問われ、有罪が確定すると翼を切り取られてしまう。ベスタはよく、髪に羽を挿し足にはバングルを付けている。彼女はロコの強い味方となる。

Magma

マグマ(ユーボジェル)は猜疑心のかたまり。彼の首には、怒りや興奮状態になると現れる赤い痣がある。マグマは物事の理屈や順序にいつもこだわる。バサルトは、彼や他の友人たちと一緒にバッドランズの山(森林)に来るようにマグマを説得しようとする。マグマは同意するが、後にこれを後悔する。ユーボジェルの男の多くと同じように、マグマは髪を頭上でまとめ上げている。マグマは、アキバジュという、彼らを狩りに来るエア・マーシャルとの戦いに使われる武術の一種に優れている。

Iggy

イギィ(イグニンブライト、ユーボジェル)はグループで一番若く、皆に好かれている。元気で優しく、おしゃべりな性格。好きな色は赤。ユーボジェルは互いの翼のグルーミングをするが、真っ先にロコの羽くろいをするのがイギィ。イギィはクラカトアンに残してきた友人たちを心配している。